おうち時間に新しく趣味として始めるハンドメイド【刺繍がおススメです】

初心者さん向け情報
スポンサーリンク
こんにちは!ハンドメイド愛好家のおひつじです。
今日はこんな悩みを持つ方々へ向けて書こうと思います。
ひつじさん
ひつじさん

おうち時間が増えてきたし、新しい趣味でハンドメイドを始めたいんだけど、何をやってみようかな〜

私はものつくりが好きで、色々なハンドメイドに手を出しているので
ヒツジさんのような悩みを相談されることが多々あります。
こんな感じでこれから何を始めたらいいか聞かれたときには
毎回「刺繍」を始めることをおススメしています。
その理由について今回はまとめてみました!

これから趣味で新しくハンドメイドを始める人におススメなのは「刺繍」です

ひつじさん
ひつじさん

最近は、プラバンとかレジンとか消しゴムハンコとかいろいろあるみたいだけど・・・なんで刺繍なの〜?

もちろん編み物、プラバン、レジン、消しゴムハンコ、羊毛フェルト…などなど
昨今のハンドメイドブームにより、色々と選択肢が増えてきましたね!
刺繍じゃないとダメなわけではないので
自分が気になっているものがあるのであれば、ぜひそちらに挑戦してみてください。
自分が楽しめそうなもの、興味があるものを楽しく始められるのが一番です。
一方で、
ひつじさん
ひつじさん

とにかく何かものづくりを始めたいけど、特に経験や知識もないし、何から始めていいかわからない…!

そんな方はぜひ「刺繍」に挑戦することをおススメします!!!!

刺繍をおススメする理由5選

①道具がかさばらない
刺繍は刺繍枠刺繍糸刺繍針の3点セットがそろっていれば、
家にある布や洋服などなど大抵のものに刺すことができるお手軽さがあります。
レジンなどの特殊な機械を購入する必要もなく、
初期投資もハンドメイドの中でも割と高く無くて済みます。
また、一度3点セットを購入してしまえば
しばらく新しいパーツ等を揃える必要がないので
「新しく始める趣味が続くかどうか心配…」という方にもおススメできます。
刺繍はテーブルの上に思いきり広げたりしなくてもできるし
手やテーブルを汚すような心配もありません。
②既製品にもオリジナル性を出せる(難しい採寸等の数値管理が不要)
刺繍のいいところは、既製品に簡単にアレンジを加えられることです。
今は100円ショップや無印良品など、色々なところでアレンジが加えやすい布小物が売っています。
既製品にちょっとしたワンポイント刺繍を加えるだけで立派なハンドメイド品です。
家にミシンが無い方や刺繍したものを日常ですぐに使いたい!なんていう方にも朗報なのではないかな…?と思います。
③好きな図案を再現しやすい
刺繍は糸で描く塗り絵のようなものです。
図案(イラスト)さえ決まってしまえば、その図案の通りに刺すだけです。
ぬいぐるみや羊毛フェルトのように「繊細に形つくる」必要が無く手先に自信がないぶきっちょさんにもおすすめです。
 
図案を綺麗にうつすのも刺繍上達のポイント。
最近では図案をアイロンでプリントできるものや、簡単に布に絵が描けるツールも色々と販売していますよ。
④途中で止まっても再開しやすい
編み物やビーズ作品のように、中断したときに目の数などを数えなおす必要もなく途中で止まっても再開しやすいのが刺繍の手軽さです。
毎日忙しいOLさんやママも、
スキマ時間に1~2針コツコツ塗っていくのも面白いですよ^^
ちなみに私は
毎朝ほんの10分だけ刺繍を縫い進めていったりしています。
⑤手縫いスキルが上がる(布小物ソーイングのスキルも自然と上がる)
刺繍をしていると、糸を引く力の込め方や、縫い目の向きを揃えるコツが
自然と身についてきます。
そうすると、手縫い小物などを作製するときにいつの間にか
前よりも縫うコツが掴めてるかも…?なんて思ったりしたりという私の経験談です。
まとめ
これからハンドメイドを趣味にしたいという方は

①道具がかさばらない

②既製品にもオリジナル性を出せる(難しい採寸等の数値管理が不要)

③好きな図案を再現しやすい

④途中で止まっても再開しやすい

⑤手縫いスキルが上がる(布小物ソーイングのスキルも自然と上がる)

上記の理由から、刺繍に挑戦することをオススメします。
以上、
おうち時間が多くなってきた今、新しい趣味として刺繍はいかがでしょうか?
この記事が少しでもハンドメイドを始めるきっかけになれば幸いです^^
タイトルとURLをコピーしました