【刺繍初心者】見た目が汚くなる理由【解決ポイント7選】

きほんのき
スポンサーリンク
ヒツジさん
ヒツジさん

図案通りに刺繍しているのになぜか本とちょっと違くできちゃうんだよね。

縫い目はガタガタしているし、やっぱり私ってぶきっちょだから刺繍は向いてないのかも…

これは、私が刺繍を始めたときに思っていたことです。同じことを思っている初心者さんがいるのではないかな…?と思います。
この記事は「刺繍を始めたけど、完成してもなんとなく綺麗に見えない」ことに悩んでいる初心者さん向けに私の経験からみたチェックポイントをまとめています。

初心者によくある刺繍が汚く見える原因7つと対策

ヒツジさん
ヒツジさん

やっぱり経験が大事だから時間をかけてやれば綺麗になるよね…?

私は最初ずっとこう思っていました。
そして時間をかけていくうちに、綺麗な人の刺繍と自分の刺繍を比較して、刺繍がきれいな人がやっている意識すべきポイントがいくつかあることに気づきました。
それを直したら少しずつ刺繍がきれいに見えるようになってきたのでまとめていこうと思います。綺麗に見せるポイントやコツを知れば刺繍がきれいな人への近道になるはず。

①糸端の処理ができていない

刺し始めや刺し終わりに玉止め、玉結びをしていませんか?
玉結びや玉止めをしてしまうと、表面から見たときに凸凹してしまいます。
私も初めて知ったときはびっくりしたんですが、刺繍は糸端で玉止めや玉結びをしなくても処理をきちんとすれば同士が絡み合って意外とほつれたりしないんですよね。
詳しい糸端の処理の仕方と裏の見え方についてはこちらの記事に記載していますのでぜひ参考にしてみてください。
【刺繍初心者】裏面をきれいに見せる方法【糸端の処理の仕方】

②線が消えかかったor滲んだ状態で刺繍している

インクタイプ(しかも日数が経てば自然と消えるタイプ)のチャコペンを利用している人に多いのがこのタイプ。
線がはっきりしていないところで心の目でなんとなく線を作って刺繍していませんか?
線が見えていないところで刺繍をすると、針の導線に迷いが生じてガタガタしやすいです。しっかり線を描いてあげましょう。
線が滲んでしまうのが気になる方は、マーカーの上からチャコシャーペンなどで細い線もしっかり描いてあげるのをおススメします。

平日9-16時まで毎日10%OFFクーポンソーライン トリオカラーズ 3色シャープペンシル sewline 050030 (メール便可)

③図案の線の太さを意識していない

図案を写したときの線って、ペンの太さになるんですよね(滲ませるインクタイプだともっと太い)
すごく細くてもなんだかんだ0.5㎜とか線の太さがあって線の外側に針を刺したり、線の内側に針を刺したりしているうちにサテンステッチのフチがガタガタになっていたりします。
線の太さを意識して、できれば「線の外側のキワ」に針を刺すように集中すると綺麗に縫えます。
また、どうしても塗りつぶし刺繍がガタガタしてしまうときにはアウトラインステッチなどでいったんフチを囲ってからサテンステッチで塗りつぶしてもきれいに見えるのでおススメです。
塗り絵するときにまわりを囲んでから塗ると綺麗に見えるのと同じ原理です。

④糸が撚れたまま刺繍している

ヒツジさん
ヒツジさん

そもそも糸が撚れる…て何?漢字すら読めないんですがw

初心者のころの私は↑こんな状態。笑

糸が撚(よ)れるとは、糸同士がねじれてしまってロープみたいになってしまっている状態のことです。
糸が撚れたまま刺繍をしてしまうと、光が当たってもきれいに見えなかったりします。髪の毛も1本1本綺麗に同じ向きにブラッシングしてあげるとツルサヤに見えますよね。それと同じイメージです。
糸が撚れないようにするのが一番刺繍をする上で時間もかかるし大変かもしれません。実際私も未だに焦ってよれたまま刺繍してしまってることありますから(爆)。
しかし、意識することで仕上がりが全然違ってくるので1か所だけ…や、この部分だけ…などでもいいので試してみてください。

⑤布をしっかり張れていない

刺繍をした後になんだか刺繍の周りにシワがよってしまっているときは、刺繍枠できちんと布を張れていないか、糸を強く引きすぎているかが原因であることが多いです。
糸の引く強さは残念ながら経験で少しずつ手に感覚が掴めないと難しいところですが、刺繍枠で布をきちんと張っていればある程度は改善されます。
刺繍枠が滑りやすくないか、ネジが緩んでいないかを一度確認してみてください。薄い布地に刺繍するときは特にシワがよりやすいので、刺繍枠にバイアステープなどの布を巻いて布をピンと張れるようにしておくことをおススメします。

⑥刺繍を刺す流れを考えていない

自分で描いたイラストやアニメのイラストを刺し始めたときに私が失敗していたこと。それは「刺繍を刺す流れを無視していたこと」です。
状況がなかなかわかりづらいと思いますがぬり絵をするときに縦向きに塗ったり横向きに塗ったりすると塗り目がぐちゃぐちゃになって汚く見えませんか?あの状況が起きていました。
刺繍がきれいな人の作品を見ると、ロング&ショートステッチやサテンステッチがちゃんと動物なら毛並みに沿って刺繍されているし、アニメのキャラクターなら髪の毛の流れや肌の丸い感じに沿って刺繍してあることに気づきました。
ポイントは図案に刺す糸の流れを書いてしまうこと。広い塗りつぶしはブロックごとに分けて、ステッチの目をブロックごとに揃えるように刺繍していくときれいに刺繍出来るようになりました。

⑦単純に糸の質が悪い

100均で買った糸とかを使っていると、ツヤが全く出ません。どんなに上手な人が刺繍してもなんとな~く野暮ったい雰囲気の刺繍に仕上がったりします。
初心者の時は仕方がないことかもしれませんが「ここぞ!」というときにはメーカーさんの刺繍糸を使ってあげると綺麗に仕上がります。
私が初めに揃えてよかったと思う糸や材料についてはこちらの記事にまとめているので気になる方はぜひ参考にしてみてください。
【刺繍初心者】0から始めるときに揃えたい道具【100均でいいの?】
私の場合ですが、ここら辺のことを意識し始めてから、見た目がとっても良くなった気がします。
以上のことを1つでも心当たりがある方はぜひ実践してみてください。
タイトルとURLをコピーしました