刺繍初心者が最初に必要な道具は?オススメ道具まとめ

初心者さん向け情報
スポンサーリンク

こんにちは!ハンドメイド愛好家のおひつじです♪今回の投稿はこのような方に向けた記事を書いてみました。

ひつじさん

刺繍をこれから始めたいのですが道具は何を揃えたらいいですか?

刺繍を始めたけど、揃えるべき道具が多そうで面倒で始められない…という声をよく耳にします!

この記事では、「絶対に揃えておきたい道具」「あるとうれしい道具」「オススメメーカー」をまとめましたのでぜひ参考にしてみてください♪

刺繍を始めるとき絶対最初に揃えるべき道具は?

こちらのツイート内容にあるように最低限揃えておきたいのは5つだけです!

絶対に揃えておきたい道具

何もない状態から刺繍を始めたい!…となったときに一番最初に絶対に揃えておきたいのはこちらの5点。それぞれについて選ぶポイントや特徴を解説します♪

刺繍糸

刺繍糸は絵を描く場合でいう「絵の具」の役割をするので、色がたくさん揃っているのが特徴です。

1本に見える糸ですが、6本が合わさって束ねてあるので、刺したい糸の太さ(何本どりか)によって1本ずつ引き抜いて合わせて使います。

ひつじさん

100均のでもいいですか?どこのメーカーのものを買えばいいですか?

…との質問をよくいただくのですが、どこのメーカーのものでも大丈夫です!ただ、100円ショップのものだと絡みやすかったとの声をよく耳にします。ちょっとマットな質感のものが多いので絡みやすいのかもしれません。

ひつじさん

最初はできるだけリーズナブルに揃えたいのだけど…絡みにくいやつはないの?

…そんな方にオススメなのはよく通販で販売している海外メーカー品の刺繍糸100本セットです♪

100本で1000円くらいとかなりお手頃な上に、100均のものよりも比較的使いやすく、しかも一気に100色揃えられるので作品作製の幅が広がります!!

「この動物を刺繍で作りたかったけど糸の色がなかった…!」ということが防げますのでぜひお試しください♪

ひつじさん

私も最初のデビューはこちらの100色セットではじめました!

\刺繍糸の使い方についてはこちらの記事をご参考ください♪/

【超初心者向け】刺繍糸の使い方【絡まる確率激減!】

刺繍枠

刺繍枠は、布をピンと張ることにより刺繍をしやすくする&まわりにシワが寄るのを防ぐためのアイテムです。布をはめてから布の縦横を揃えて、デコピンをしても弛まないくらいしっかりと張ってから刺繍をします。

刺繍枠は、最初は10〜12cmくらいの手に収まりやすいサイズを購入されるのが無難です♪大きすぎると布がたるみやすかったりするので、ぜひ10〜12cmくらいを目安に選んでみてください。

刺繍枠に関しても最初は100円ショップのものでも大丈夫かと思います!ただ、ネジが緩みやすかったり枠がはめにくかったりするのでそれでもOK!という方にだけオススメです。

ひつじさん

最初100均のを使っていたけど、手芸メーカーのものを使ったら戻れなくなりました(笑)

刺繍をする布は

・伸縮性がないもの

・布の織り目が均等なもの(縦横が均等な平織のもの)

がとにかく刺繍をしやすいです。白衣や男性用のYシャツなどがご自宅にある方は、練習で使得ると思います!

市販のものだと、こちらのCOSMOさんのフリーステッチ用コットンクロスが色もたくさんあって刺しやすいのでオススメです。

ちなみにDAISOにある布をいくつか試して刺しやすかったものについてはこちらのツイートにまとめていますのでぜひみてみてくださいね♪

フランス刺繍針

フランス刺繍針は「針穴が大きい」「針先が尖っている」のが特徴の針です。

刺繍針と一言で言ってもリボン刺繍、クロスステッチ、ビーズ刺繍など似たような種類のものがたくさんありますので気をつけてください。私がよく紹介している自由にカーブなどを表現して絵を描く刺繍はフランス刺繍針を使用します。

フランス刺繍針は使用する糸の本数によって針の太さや長さを選んで使用します。大抵パッケージの裏側に使用する糸の本数と針のサイズの目安が書いてありますよ♪

チャコペン

チャコペンは刺繍をする前にイラストの下書きを布にするのに使います。王道はチャコペーパーですが、個人的にはチャコペンが手軽でオススメです。

チャコペンでどうやって布に図案を写すの?!という方はこちらの投稿をぜひみてみてください♪

【刺繍初心者】無料でできる図案の写し方【チャコペーパー不要】

私のオススメはこちらの「ソーライン」シリーズです。とにかく書き心地がとってもいいので愛用しています。紫色のペンは自然と(または水で)消えるタイプ、青色は水で消えるタイプです。

ひつじさん

すぐに作品を仕上げられる人は紫、ゆったり作品を作りたい時は青色がオススメです。

あると便利な道具

ここまでで紹介した5点があれば大抵の刺繍はできちゃいます!

ここからは、持っているとさらに便利なものを紹介します♪

刺繍糸用糸通し

刺繍糸は複数本の糸を針に通すので、慣れない間は最初針に糸を通すのに苦労する…という方も多いです。

一般的な糸通しをつかうと、複数本の糸に耐えきれずに壊れてしまう場合があるので、刺繍糸用の糸通しを準備しておくと安心です♪

トレーサーや複写紙

チャコペンを使って図案を写すときに便利なのがトレーサーです。写し絵をする要領でトレースできます。

\私が使っているのはこちらです!/

トレーサー以外にも、薄い紙にペンのインクを浸透させて使うシートもあります。

アニメのイラストなど細かいものを下絵にしたいときはこちらが特にオススメですよ!

こちらの商品の使い方や使った感想・レビューについてはこちらの記事で詳しく説明しているのでぜひ見てみてくださいね♪

【刺繍初心者】ムーンベールを使ったら図案写しが楽になった!【道具レビュー】

道具を1つずつ揃えるのが面倒なときは

ひつじさん

色々情報が多すぎてやっぱり道具を揃えるの面倒になってきちゃった…!

…そんな方には、私のこちらの本がオススメです…!(※すみません、CMですが本当です!)

簡単な刺繍図案56点とともに刺繍枠、刺繍針、刺繍糸、チャコペンがついてきます♪あとはお好きな布さえ用意すればすぐに刺繍に挑戦することができますよ♪

ひつじさん

今まで刺繍をやったことがなくて道具揃えるの面倒!ちょっとでも刺繍体験してみたい!…そんな方にオススメな一冊です♪

実際にたくさんの方に刺繍デビューのきっかけとして使用していただいています。(ありがとうございます…!)もし書店などで見かけた際にでも思い出していただけたらうれしいです♪

 

この記事が、これから刺繍をやってみたいと思っていた!…というちょっとでも興味を持った時のお役に立てればうれしいです♪
ぜひぜひ、最初の道具集めの際の参考にしてみてくださいね!

そのほかにも刺繍にオススメな道具や使ってよかった道具などは楽天ROOMにも随時掲載しています!(お得なものもあれば入れてます!)
もしよかったらぜひ覗いてみてください♪

おひつじの楽天ROOM

コメント

タイトルとURLをコピーしました