イニシャル・お名前刺繍アイデア!図案不要でOK!

簡単レシピ
スポンサーリンク
ひつじさん
ひつじさん

子どもの持ち物にイニシャル刺繍をしてあげたいけど、1文字しか使わないのに図案集買うのはちょっと勿体無い…!

くまさん
くまさん

図案集買おうと思ったけど、自分の使いたい文字だけなんか可愛くなかった…!

ハンドメイド作品や、お子様の持ち物などにちょこっとつけるだけでオリジナル性を出すことができるイニシャル。意外と自分好みの図案を探してくるのが大変で、悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

今回は、図案がなくてもちょっとしたアイデアでできるオリジナルのイニシャル刺繍についてまとめてみました。

【この投稿がオススメな人】
・イニシャルの刺繍がしたい初心者さん
・図案に頼らない刺繍がしたい人

①フォントを準備する

イニシャルの刺繍をしようと思った時にまず初めにぶち当たる悩みが「文字が綺麗に書けない」ことですよね。そんな方でも大丈夫。今はとっても便利にフォントを無料でダウンロードできるサイトやアプリがたくさん出ています。

普段私がやっているフォントの準備の仕方を下記に紹介しますが、もちろんこれ以外にも色々な図案の準備方法があると思いますので自分に合った方法を見つけてくださいね。

※この段階では、特に「装飾文字」を無理に作らなくて大丈夫です。後ほど刺繍で装飾を行いますのでなるべくシンプルなフォントを選んでいただければOKです。※

パワーポイントで文字を打ち込む

一番手軽にできる方法ですが、こちらはPCやiPad等のタブレットをお持ちの方にオススメです。

お好きなフォントで文字をパワーポイントに打ち込んだ後、ご自身のスマホで画面が見れるようにすれば準備OKです。

Canvaから文字をダウンロードする

数あるアプリの中でも私が一番よく使用しているのがCanva(キャンバ)というアプリです。こちらはPCでもスマホでも使用することができます。

ひつじさん
ひつじさん

Canvaをダウンロードしたは良いけど、どうやって使ったらいいかわからない!

という方に向けて、私が使っている方法をご紹介します。

Canvaを使ったフォントの出し方

①デザイン作成を開始

Canva画面を開くと、まず「デザインを作成」というページが出てきます。ここで何を選択しても良いのですが、とりあえず「Instagramストーリー」を選択しておきましょう。

②空白のテンプレートを選択

続いて、画面に色々なテンプレートが出てきますが、ここでは「空白」と書いてあるテンプレートを選択します。

③テキスト項目への移動

画面の右下に(+)のアイコンがあります。これをタップしたあと、「テキスト」ボタンをタップします。

④見出しを追加

「テキストをクリックしてページに追加」という項目が出てきたら、ここから「見出しを追加」をタップします。

⑤テキストとフォントを編集する

④をすると画面に「見出しを追加」という文字が出てくると思うので、それをタップして、好きなイニシャルに変更します。

水色の枠の四隅の丸(○)を動かすことで文字の大きさを変更することも可能です。

最後に、下の方の「編集」のとなりにあるフォントタブで、お好きなフォントを選択したらCanvaを使った場合のフォントは準備完了です。

完全オリジナルの文字を自分で描く

もちろん自分でオリジナルの文字を描きたい方や、お子様が書いた文字を思い出のためにそのまま使いたい方はそのままの文字でOKです!

 

②準備したフォントを布に写す

続いては、準備したフォントを布に写していきます。

布への図案の写し方についてはぜひこちらの記事を参考にしてみてください♪

【チャコペンの代用品】刺繍の図案写しアイデア【家にあるものでできる】

スマホ画面で準備したフォントがみれる場合は、スマホ画面の明るさを最大にしてそのまま布を乗せて写すのが一番楽だと思います。

スマホから写す際は、スマホの画面に手が当たると画面が動いてしまいますので

✔️手袋をはめて行う

✔️刺繍枠をはめて手が画面に当たらないようにする

✔️iPhoneの場合…アクセスガイドを使用する(オススメ!)

✔️Androidの場合…画面固定アプリを使用する(オススメ!)

このあたりのいずれかを使用することをオススメします。

ちなみに、上記にある(オススメ!)と書いた2種類のやりかたについては、このインスタグラムの投稿に詳しいやり方を記載しておりますので気になる方は確認してみてください^^

 

この投稿をInstagramで見る

 

おひつじ(@bukiccho_hitsuji)がシェアした投稿

 

③準備したフォントを刺繍していく

シンプルなフォントが準備できたらいよいよ実際に刺繍をしていきます。刺繍の仕方をちょっと工夫すると、デザイン性のある文字刺繍ができますので紹介していきます♪

ひつじさん

ただ線の通りに刺さずにちょっと工夫することでとってもおしゃれな文字刺繍ができますよ!

基本のステッチで埋めていく

基本のステッチで埋めていく方法です。フォントの輪郭の部分はアウトラインステッチなどのラインを描くステッチで線を形づくり、中の部分はランダムにフレンチナッツステッチを行うことで、可愛いらしいドット模様のイニシャル刺繍が出来上がりますよ。

基本のステッチがわからない!という方はこちらの動画をご参考ください♪

小花の刺繍で埋め尽くす

これは小花の刺繍で埋めていく方法です。ラインのステッチ等は不要で、ただひたすらイニシャルの中をレゼーデイジーやフレンチノットで埋めて行きます。

①イニシャルの中に小花を配置していく

なるべくイニシャルの輪郭がしっかりと見えるように、小花を配置していきます。線の境目には半分にした花のイラストを描くようにすると綺麗にみえますよ。

②隙間をアスタリスクやドットで埋めていく

なるべく隙間が見えないように、輪郭となる部分は特に気にして埋めていくと仕上がりが綺麗になります。

③下絵の通りに刺繍していく

小花の刺繍はレゼーデイジーステッチとフレンチナッツで行います。小花の刺繍の仕方はこちらの投稿を参考にしてくださいね。

キャラクター等のアイコンで埋め尽くす

推しメン衣装やキャラクターのアイコン等で埋め尽くしても可愛いですよ。イニシャル自体に耳やしっぽをつけたりしても可愛いですね。

お子様が好きなキャラクターをイメージしたり、推しメンの衣装を載せたり、色々アレンジするだけでオリジナル性あふれるイニシャルになります。

まとめ

最近インスタグラムを通じて刺繍初心者さんや刺繍好きさんとたくさん交流している中で「図案がないと刺繍をしてはいけない!」と思っていらっしゃる方が意外と多いなと感じます。

図案がなくても、ステッチを工夫するだけでとっても素敵な作品が簡単に作ることができますよ。

ぜひ、色々なものにオリジナルのイニシャル刺繍してみてください^^

 

★この投稿に使った道具はこちら★

タイトルとURLをコピーしました